横浜市磯子区の歯医者|三宅科医院

045-752-5588

ご予約・お問い合わせはお気軽にお電話下さい。

受付時間9:30〜18:30

(日曜・祝日を除く。土曜日は17:00まで)

義歯

義歯ARTIFICIAL TOOTH

背景

義歯について

虫歯や歯周病で歯を惜しくも失ってしまった場合は、義歯で失った歯の機能を補います。義歯を装着することなく放置してしまうと、歯を失って出来たスペースに隣の歯が移動してきてしまい、咬み合わせが合わなくなってしまったり、歯並びが悪くなったり、顔だけではなく全身のバランスも崩れかねません。

義歯の悩みとしてよく「違和感がある」「食べづらい」などの悩みを持った患者さまが数多くいらっしゃいますが、口の中はとても繊細であり合わない義歯を使用し続けることにより、あらゆるトラブルを引き起こしかねません。

患者さま一人一人に見合った義歯を製作し、できるだけ違和感なく、快適に義歯を使用できるように、努めております。

義歯について

義歯の種類は?

大きく分類すると義歯の種類は総義歯と部分義歯の2つに分類されます。総義歯とは歯がすべてなく、粘膜に装着する義歯の総称であり、部分義歯とは残っている歯にクラスプと呼ばれるバネをかけ、失った歯の機能を補います。

保険適用総義歯

保険適用総義歯

保険診療適応の総義歯は、プラスチック制です。プラスチック制の義歯は調整や修理がしやすい利点もありますが、強度を高めるために、分厚くするため違和感がある場合もあります。

保険適用外金属床総義歯・部分義歯

保険適用外金属床総義歯・部分義歯

金属床義歯は、粘膜と接する部分が金属でできている総義歯です。金属は熱伝導がよく食べものの熱が伝わりやすく、美味しく感じます。

保険適用部分義歯

保険適用部分義歯

残っている歯にかける金属のバネがある部分義歯です。バネが口もとから見えてしまい、審美的には劣ってしまいます。

保険適用外ノンクラスプデンチヤー

保険適用外ノンクラスプデンチヤー

残っている歯にかける金属のバネがない部分義歯です。バネがないので審美性に優れ、樹脂でできているため、耐久性にも優れています。

義歯ができるまで

義歯が完成できるまでには、数回の工程を経て出来上がります。制作する義歯の種類により 工程は多少異なりますが、今回は総義歯の作製工程をご紹介していきます。

  • 通院1回目

    通院1回目

    印象採得 
    (歯型・顎堤(歯肉))

  • 通院2回目

    通院2回目

    咬合採得 
    (上顎と下顎の位置を記録)

  • 通院3回目

    通院3回目

    試適
      (仮合わせ)

  • 通院4回目

    通院4回目

    義歯完成

通院最短4回目で義歯は完成しますが、口の中はデリケートであり、微調整が必要です。使用しているうちに、自身にぴったりの義歯が出来上がります。