患者様へ

皆様へのメッセージ

本当に「良い歯医者さん」ってなんだろう?
さて、突然の質問ですが、みなさんにとって「いい歯科医院」とはどんな病院ですか?
痛くない・やさしい・家から近い…。
これらもとても大切なことですよね。ですから、私たちも全力で取り組んでいます。
しかし、本当の「いい歯科医院」は、これだけでは十分ではないと私たちは思っています。
どんなに痛くなくて、どんなに便利な歯科医院でも、それは「そのときだけの良さ」でしかないと思います。
#

本当に私たちが目指しているのは「すべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できるように、できる限りのサポートをすること」だと考えています。



自由に食べられないことの悲しさ
「食べる」という行為は、 とても大切な生きる楽しみの一つだと思います。
もし、硬いものが食べられなくなってしまったり、味がしなくなってしまったら、これほど悲しいことはないと思います。
「食べたいものを自由に食べて、 よりよい人生を送っていただきたい!」
すこし大げさかもしれません。
#

しかし、私たちはそのような気持ちで、皆さんの歯を一生守っていくお手伝いをしたいと心から考えています。これは私たちスタッフ全員にとって、大切な仕事のやりがいでもあります。


▲このページのトップに戻る



歯を守るために大切なこと
しかし、歯を守るといっても、どうしても私たちだけの力では限界があります。
やはりいつまでも歯を守っていくためには、皆さんが少しでもご自身の歯に関心をもっていただき、治療の方法や、日ごろのケアにも気をつけていただく必要があります。
そのため、私たちはできるだけ皆さんにご自身の歯について興味をもっていただけるように、ご自身のお口を確認しながら、現在どのようになっているのか、また、将来どこにどんな不安があるのかをご説明していきます。
#

さらに、治療に関しては、再発リスク・耐久性・身体への影響・美しさなど、一般にはあまり知られていないような、さまざまな違いがあります。
ですから、これらをできる限りわかりやすく説明させていただき、お口の将来や費用面などを考慮して、いろいろなご提案をさせていただきます。
説明は何度でもさせていただきますので、じっくり考えていただき、十分にご納得いただいた上で治療方法を選んでください。


▲このページのトップに戻る



私たちからのお願い

このように、一般の歯科医院に比べると、私たちの医院は多少説明が多いかもしれません。しかし「とりあえず今痛いところを治してそれで終わり。また悪くなったら通院」を繰り返していると、一生自分の歯でおいしく食事することがどうしても難しくなってしまいます。実際、いらっしゃるたびに悪化するお口を見ると、私たちもとても辛くなります。私たちが目指すのは「通院するすべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できること」です。そのために、多少の時間はかかってでも、十分にご説明させていただきたいと考えておりますので、どうかご理解よろしくお願いいたします。


▲このページのトップに戻る



4つの安心

安心1:治療内容の説明

「現在お口の中はどういう状況なのか、今後どのような治療や予防を行っていくのか」といったことを、皆さまにできるだけ興味を持っていただけるようにイラストを用いたものを提供し、より詳しく分かりやすいように情報提供しています。
皆さまが健康になるお手伝いをするために現状と今後の治療方針をお伝えし、さらにいくつかの治療法を提案させていただきます。お時間を頂戴することもありますが、皆さんのお口の健康にとって大切なことなので、少しだけ耳を傾けてください。


安心2:感染予防対策

歯の治療に使った医療器具や、ゴム手袋は、使いまわしているのではないか、と心配になったことはありませんか?当医院では使い捨てのできない医療器具などは、特殊な機械を使用して滅菌を行い、また、ゴム手袋、患者様用のコップ・エプロン等は、できる限り使い捨てのものを使用し、衛生管理を徹底しています。


安心3:歯科用レントゲン

歯科治療では、歯の内部の状態を知るため、レントゲン撮影が欠かせません。撮影では放射線を受けることになります。しかし、歯科用のレントゲン撮影で受ける放射線量は、日常生活で自然界から1年間に受ける量のわずか約30分の1程度でしかありません。このように歯科用のレントゲンは放射線量が大変少なく、安心して治療をお受けいただくことができます。


安心4:個人情報の保護

私たちは、個人情報の保護に積極的に取り組んでいます。お名前、ご住所などの情報から、レントゲン写真、歯形、治療内容など、お口の中の情報までを、慎重かつ適正に取り扱っています。治療上必要な場合を除き、個人情報が外部に流出することは一切ございませんので、どうぞご安心ください。


▲このページのトップに戻る