横浜市磯子区の歯医者|三宅科医院

045-752-5588

ご予約・お問い合わせはお気軽にお電話下さい。

受付時間9:30〜18:30

(日曜・祝日を除く。土曜日は17:00まで)

歯周病

歯周病PORIODONTAL DISEASE

背景

歯周病とは?

歯周病とは、細菌の感染による歯周組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)の炎症疾患です。歯磨きを怠ったり、正しい歯磨きの方法で歯を磨けていなかったりする場合、歯と歯肉の間の溝である歯周ポケットに歯周病の原因菌がプラーク(歯垢)の中に住み着き増殖していき、周りの歯肉を炎症させていきます。

歯周病が進行していくと、歯肉だけではなく、歯を支えている歯根膜、セメント質、歯槽骨を炎症により破壊していき、最後には歯を支え切れなくなり歯が抜けてしまいます。

歯周病とは?

歯周病の原因

歯周病の原因

みなさんは1日何回歯磨きをしますか?理想は1日3回食事をした後に、歯磨きをすることではありますが、平均にして約7割もの人が1日2~3回歯磨きをしていると言われています。しかし、日本人の約80%の成人が歯周病に罹患しているという報告もあり、歯周病は私たち人類の国民病ともいえる口の中の疾患です。

人間の口の中には、虫歯の原因となるミュータンス菌の他にも300~400種類の細菌が潜んでいます。その中でも、アグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス(A.a菌)やスピノヘータ、ポルフィロモナス・ジンジバリス(P.g菌)、プレボテラ・インテルメディア(P.i菌)などが歯周病の原因となる細菌であり、これら細菌は母親から産まれてくる産道で感染するとも言われている常在菌です。

歯周病菌が潜んでいるプラーク(歯垢)は、歯磨きをすることで除去できますが、プラークを除去できずにそのままになってしまうとプラークは硬くなり、歯磨きでは除去できなくなる歯石となります。更に歯の表面や歯周ポケット内の歯にこびりつき破壊し続け、歯周病は進行していきます。

歯石は歯磨きでは除去できず、歯科医院で専用の器具を使用したスケーリングをおこなわない限り除去できません。歯周病の予防、改善するためには定期的に口の中のクリーニングをおこない、口の中を清潔に保つことが必要となります。