横浜市磯子区の歯医者|三宅科医院

045-752-5588

ご予約・お問い合わせはお気軽にお電話下さい。

受付時間9:30〜18:30

(日曜・祝日を除く。土曜日は17:00まで)

虫歯

虫歯TOOTH DECAY

背景

虫歯ってどんな病気?

人間のお口の中には数億から数兆匹の細菌が潜んでいます。その中でも1番勢力を持ち、虫歯の原因菌とされているのがミュータンス菌です。ミュータンス菌はプラーク(歯垢)の中を住みかとし、増殖していきます。プラーク(歯垢)は、唾液由来のペリクルと呼ばれる歯の表面を覆う膜を土台にし、細菌が歯に付着しプラークを形成していきます。

プラークを歯磨きなどで除去することが出来れば、虫歯にはなりませんが、歯磨きを怠ってしまう、または正しい歯磨きの仕方ができていないと、プラークは歯の表面に付着したままになり、ミュータンス菌が歯を溶かす酸を発生させ、歯を溶かしていきます。歯が酸により溶かされることを脱灰と呼び、歯の成分であるカルシウムやリンが溶かされた状態を虫歯といいます。

虫歯ってどんな病気?

虫歯を放っておくとどうなる?

虫歯は歯が黒くなり、痛みをともなう歯の病気だということは、ご存知の人も多くいらっしゃいますが、「歯が黒い」だけが虫歯の症状でないことはご存知ですか?まず初めに虫歯としての症状が現れるのは初期虫歯です。痛みはともないませんが、健康な歯と比べると初期虫歯となった部分は白濁しています。初期虫歯は唾液の成分が、ミュータンス菌が発生させる酸を中和する働きがあり、脱灰されとけだした歯の成分であるカルシウムやリンが元にもどり、健康な歯の状態に戻ります。これを再石灰化と呼びます。

初期虫歯を再石灰化させるには、毎日の歯磨きや口腔ケアが不可欠になりますが、再石灰化が追い付かない場合、虫歯となり進行していきます。

虫歯を放っておくとどうなる?

虫歯の進行

虫歯の段階は5つに分類されています。

初期虫歯

第1段階

C0

初期虫歯

歯のエナメル質の表面が脱灰している状況です。自覚症状はなく、歯の表面が白濁したように見えます。自身の歯が初期虫歯だと気づかない人が大半ではありますが、初期虫歯の段階でしっかりと歯磨きをすることが大切です。初期虫歯の場合は再石灰化が期待されます。また、歯を虫歯から守る働きがあるフッ素塗布などをおこなうとより効果的だと言われています。

エナメル質まで進行した虫歯

第2段階

C1

エナメル質まで進行した虫歯

歯の表面の組織であるエナメル質が虫歯になってしまった状態です。再石灰化は期待できず、虫歯になった部分を削らない限り、虫歯は治りません。自覚症状を感じる人は少なく、冷たいものでしみる場合があります。歯を削る治療を最も最小限に抑えられる段階です。

象牙質までに進行した虫歯

第3段階

C2

象牙質までに進行した虫歯

C1より進行してしまうと、虫歯はエナメル質の下の層にある象牙質をむしばんでいきます。象牙質は歯髄(神経)に繋がっているので、冷たいものでしみたり、甘いもので痛みを感じたりする場合があります。

歯髄まで進行した虫歯

第4段階

C3

歯髄まで進行した虫歯

C2より更に虫歯が進行すると、歯髄(神経)まで虫歯が到達します。歯髄(神経)にまで虫歯が到達した場合は、歯髄(神経)を残すことは難しく、神経を除去し、歯の根の治療を行わなければなりません。C3の段階になると、食べ物を食べていない時でも痛みを感じるようになります。しかし、そのまま虫歯を放置していくと、次第に神経が死んでしまい痛みを感じなくなります。

歯の根だけがのこっている状態

第5段階

C3

歯の根だけがのこっている状態

C4の段階になってしまうと、歯の原型をとどめていない状況になっており、歯の根だけがかろうじて残っている状態です。歯の根の治療を行いますが、長期的に保つことは難しく、将来的には歯を失ってしまう可能性が高く、ブリッジや入れ歯、インプラント治療が必要となります。

虫歯にならないためには?

虫歯にならないためには、患者さま自身が行う毎日のセルフケアが大切です。正しい歯磨き方法や虫歯になるまでの知識を習得することで、生涯に渡り自身の歯を保つことが可能となります。また、初期虫歯の段階で虫歯を発見することがとても重要であり、定期的な検診が重要となります。